Home


平成25年度 九州大学マス・フォア・インダストリ研究所 共同利用研究集会
シンポジウム「デジタル映像表現のための数理的手法(MEIS2013)」

開催概要

日時:2013年10月21日(月)〜23日(水)

場所:九州大学医学部 百年講堂

参加費:無料(懇親会は会費制) * 参加登録要

目的

CGに代表されるデジタル映像表現に関する数理的手法の重要性と期待は急速に高まっています.本シンポジウムは、時間とスペースをゆったりと設け、これまでのCG研究動向を総括しつつ、今後解決すべき重要課題の発掘と議論の場を提供します.

議論されるCG研究対象は、現在でも最も難しいとされる人間や流体の表現とその応用、さらには見え方の数理です.

このシンポジウムは、数学者とCG研究者が自由な雰囲気で分野を超えた活発な交流と議論ができる、極めてユニークな会議となるでしょう.

またアカデミックな側面のみならず、デジタル映像制作の現場や視覚化技術の応用を進める方々にもご参加頂きますので、CGに関する理論から実用面までの幅広い視野を獲得することも可能となるでしょう.

 


IMIMCG

 

CRESTMEXT

 


協賛/情報処理学会 グラフィックスとCAD研究会   後援/情報処理学会 九州支部

 

連絡先

運営事務局 (株式会社オー・エル・エム・デジタル)
mailadress